翠雲『鬼滅の刃』を書く

書くことは楽しい 『鬼滅の刃』

書道文化をより多くの方に楽しんでいただきたいと思い、いまや世界中でブームを巻き起こしている『鬼滅の刃』を書きました。
わたしなりに理解し、「書」で表現しました。
また、新しい”挑戦”として、万年筆のインクを使い、筆で仕上げています。
万年筆のインクは、数百種類存在し、それぞれがとても深い表現力を持っています。
筆とインクが出会うことで、いままでになかった「強い個性」が引き出されるのではないかと期待しています。
「書くことは楽しい」本当に・・・。

上弦の壱「黒死牟」です。
最精鋭「十二鬼月その中の頂点たる“上弦の壱”、最強の鬼」であり、無惨への忠誠心も厚く、まさに「No.2」という存在。
そんな「黒死牟」のイメージは「センシティブなブルーに近い黒」を使って書く、幽玄な字形の篆書です。
今回は「筆+PILOTインクの深海」で書いています。

■使用インクはこちらから・・・

「童磨」

人間社会に潜む表向きの顔として、新興宗教「万世極楽教」の教祖を務める存在。
「不躾に他者の神経を逆撫でする事が多いため、無惨を含め上弦の鬼達からも嫌われている。生まれつき喜怒哀楽といった強い感情が無く、機械的に人間を演じているようにも見える。」という人物評。何とも不思議なキャラクターですね。
この不思議なキャラクターを青緑という微妙な色でイメージしてみました。
今回は「筆+PILOTインクの松露」を使い、「童磨」を「篆書体」・「上弦の弐」を「隷書体」で書いています。

「鬼滅の刃」を書く。今回は「嘴平委伊之助」です。
キャラのイメージは「猪突猛進!!猪突猛進!!」
「野生児」という言葉ではかたづけられない『獣』であり、常時上半身を露出して、頭には猪から剥いだ頭皮を被った二刀流の剣士。
でも、善逸曰く「むきむきしてるのに女の子みたいな顔が乗っかってる」。瞳は深い翡翠色に輝く「紅顔の美少年」。このギャップがいいですね。
猪のイメージは「黒みがかった茶色」ということで、今回は「筆+PILOTインクの山栗」で書いています。

■使用インクはこちらから・・・

今回は最強の悪役「鬼舞辻無惨」です。

勧善懲悪ストーリーにおいて、クールで強い悪役は絶対的な存在ですね。
そんな「無惨」のイメージを篆書と草書で書いてみました。
「無惨」は象形文字に近い篆書が似合と思います。
「鬼舞辻」はクールなイメージの草書が似合うと思います。
今回は「筆+PILOTインクの山栗」で書いています。
筆に少し「金色」が残っていたようで、複雑な色合いになっています。
図らずしも、この色も「無惨」のイメージかもしれません。
「無」の篆書は「人が両手に飾りを持って舞うさま(字源NETより)」を表しているとのことです。
この「呪術的なイメージ」が「無惨」のキャラクターにピッタリです。
「無惨」の意味を調べると次のように出てきます。
「無残・無惨・無慙・無慚」

(無慙・無慚)仏語。戒律を破って心に少しも恥じるところがないこと。
2.残酷なこと。乱暴なこと。また、そのさま。
3. いたましいこと。あわれなこと。また、そのさま。
これも見事に、「無惨」のキャラクターを表していますね。

「鬼滅の刃」に出てくる人物の「ネーミングと漢字の使い方」はそのキャラクターを的確に表しているものが多いと感心するのは私だけでしょうか?
それとともに漢字の奥深さにも感心させられますね。

今日はヒロイン「竈門禰豆子」です。
私の「禰豆子」のイメージは「クレバー」「意志の強さ」ですね。
そのイメージが「太字+青緑」です。
インクは「パイロットの松露」です。
太字の付けペンを使って書きました。
本来、禰豆子はとても別嬪さんで明るい女性なのでしょうから、もっと明るい色を使おうかなとも思いましたが、やはり「緑」でしたね。
皆さんだったら何色を使うでしょうか?

主人公「炭治郎」のイメージは、日輪のごとく明るく元気な存在。
あらゆる困難にも負けず、ひたすら努力を続けられるって凄いですね。
そんな炭治郎を色で表すと「スカイブルー」です。
そこでインクは「パイロットの天色」を使いました。
万年筆で書くともう少し濃い色がでるのですが、筆で書くと思ったより優しい色になりました。
墨も「淡墨」で書くと「濃淡」が出て表情のある字になりますが、インクで書くと「濃淡」の表情がとても面白いですね。
今回は「隷書」風に書いてみました。

「我妻善逸」

今回は「やる時はやる男」、ファンの間では「肝心な時にしか役に立たない男」という、褒められてるんだか貶されているんだかよくわからない称号を持つ愛すべきキャラ男「我妻善逸」です。
私はこの手のキャラ大好きです。
あるサイトでは、「アホの子」「輝かんばかりのヘタレ」というコメント、最高ですね。
「修行中に雷に打たれた衝撃で金髪になったというトンデモ体質を持つ」キャラを表現するために、「筆+顔彩の赤金」で書いています。
自分の感情をストレートに表現できるって、凄い才能だと思うのは私だけ?