『花押』創作

唯一無二の『花押』を制作します。

書く人の全人格を表現する古(いにしえ)の『証(あかし)』。
それが『花押』です。
日本では、歴史に登場する戦国の武将、平安貴族、往時の高僧はみなそれぞれ、
自身の花押を持っていました。
歴史に登場する重要な文書には「確かに自分自身が書いた」証明として花押が記載されています。
社会の仕組みを変える大きな決断をしたとき、将来の運命を変える決断をしたとき。
その書面には、「迷いのない気持ちを込めて」威風堂々の花押が記されます。

徳川家康

伊達政宗

豊臣秀吉

加藤清正

織田信長

源頼朝

坂本竜馬

勝海舟

千利休

内閣の議事承認には、いまでも花押が使われています。

現代社会においても「重要な決断をした意思表示」として花押は使用されています。
わが国の内閣の議事承認には、いまでも花押が使われています。
国政を預かる国務大臣は、皆自身の花押を持っていて、
国の行く末を決定する議事に責任を果たす覚悟で議事録に花押を記しています。

板垣退助

吉田茂

岸信介

田中角栄

森喜朗

書類に込められた重大な決意を知らせるために。

会社や団体の将来を左右する重要な議事録や決裁文書、通達、通知も同じ
重い役職であればあるほど、その決断は将来に大きな影響を及ぼします。
「自信を持って、迷い無く。さらに、この書類に込められた重大な決意」を
関係する人たちに知らせるために。
重い職責を担う皆様には、ぜひご自身の花押をお持ちいただきたいと思います。

翔雲会 主幹
有川翠雲

中小企業診断士
森上京 様

メットライフ生命保険株式会社 エグゼクティブエイジェンシーマネージャー
正司惠一 様

株式会社西楽園 役員
西浦治良 様

住友生命保険相互会社支社長
竹内康朗 様

株式会社拝ファイブ 代表取締役社長
島本哲彰 様

冨士端子工業株式会社 代表取締役社長
本郷辰也 様

日本データ製作所 代表
桑原由仲

株式会社ワンダフルライフ
井元浩平 様

住友生命保険相互会社 課長 中小企業診断士
本田貞忠 様

モン・セ・リバア企画株式会社代表取締役
ライオンズクラブ国際協会ゾーン・チェアパーソン
山中悟 様