Happy Letter

気が早い? もう遅い?「手書き年賀状」の準備  年賀状①

こんにちは。有川翠雲です。

手書きの年賀状、ステキですよね。

年賀状(手紙)を書くために「書道・ペン字」を始めたという方はとても多いです。

筆でもよし、万年筆でもよし、その方のお気持ち・人格が表れでいる感じが何とも言えず素敵です。

今年こそは「手書き年賀状」と考えているあなたへのアドバイスです。

 

<小筆・ペンの経験がない方>

残念ながら、年賀状の表書き(宛名)も裏書き(文面)も全て手書きで書くのは難しいかもしれません。

でも、裏書きに「小筆・ペン」で一筆コメントを書くことなら間に合うでしょう。

「素敵な年賀状ありがとう」と言っていただけたらうれしいですよね。

年賀状は「気の利いた手書きのメッセージ」がスッと書いてあるだけで、印象がガラッと変わると変わります。

表書きも、沢山書くことは難しいかもしれませんが、「あの方」への年賀状なら手書きで書けますよ。

でも、あと3カ月ほどしかありません。

1日でも早く練習を始めましょう。

 

<小筆・ペンの経験がある方>

今年はオリジナルデザインに挑戦しましょう。

これまでにいただいた年賀状で印象深かったもの、年賀状の書き方の本にでている素敵なデザイン、ネット上にでている面白いデザイン、などなど探せば題材はいろいろありますよ。

全く同じデザインだと面白くありませんから、あなたのオリジナルを加えましょう。

例えば、色を変える、配置を変える、字の大きさを変えるなど、チョットしたことで「別のデザインに変身」しますよ。

少し早めに考え始めると、楽しみながら準備できますね。

翠雲ネット書道教室はマンツーマンレッスンです

こんな「年賀状の相談」も大歓迎。

「書くことのアドバイス」は全力でいたします。

無料体験レッスンでもご相談に乗らせていただます。

お気軽に「年賀状の書き方をアドバイスしてほしい」とご要望ください。

コメント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です