「あの人の心に刺さる!ビジネスレター」 3つのベストタイミング

「明日は50回目の誕生日か・・・、今年も誰も祝ってくれないのかな・・・。」と朝から暗い表情の加藤部長。

「明日はマオの誕生日。プレゼントは用意したし、レストランの予約も万全。」と朝からルンルンの入社5年目の小池君。

「小池君、何かいいことがあったみたいだな。君も来年は主任昇格のチャンスの年だね。キャリアアップの秘訣を伝授してあげるから、明日、久しぶりに飲みに行かないか?」と加藤部長。

「小池、加藤部長のお誘いだ、君にも主任昇格のチャンスが巡って来たぞ。加藤部長、ありがとうございます。ご指導よろしくお願いします。」とすかさず突っ込みを入れて加藤部長に「ゴマをスル」篠原課長。

「え~。明日は、ちょっと、その、予定が入りそうで・・・」とシドロモドロの小池君。

「明日はちょっとした記念日なんだ。篠原課長も一緒に行かないか?」と加藤部長

「もちろん、よろこんでお供します。なあ、小池‼」と篠原課長。

こんにちは。Suiunです。

どこの職場にもありそうな場面ですね。

「誕生日おめでとう」に飢えている加藤部長にあなただったら何をしますか?

そうですね。「HAPPY BIRTHDAY」レターを送ってあげたら、あなたの評価は急上昇マチガイなしです。

これって、ビジネスに使えません?

相当のキキメ、ありません?

ということで、今回は「あの人の心に刺さる!ビジネスレター 3つのベストタイミング」をお届けします。

ベストタイミングその1:誕生日

・加藤部長、よろこびますよ

・営業トークじゃなく、心を込めておめでとうを「手書き」で伝えましょう

・30過ぎると男性も女性も「誕生日おめでとう」と言ってくれる人は激減するような気がします

・ビジネスレターのベストタイミング、それは「誕生日」です

・誕生日を掴むのはあなたの努力です

ベストタイミングその2:翌日のお礼

・お礼の理由は何でもかまいません、「昨日はありがとうございました」と手書きで伝えましょう

・メール・LINEでもあなたの気持ちは伝わるかもしれませんが、「わざわざ手書き」が「お礼の気持ち」をしっかり伝えてくれます

ビジネスレターのベストタイミング、それは「翌日のお礼」です

・「本日・翌日」がオススメです(「先日」はベストタイミングではありません)

ベストタイミングその3:季節の変わり目のご機嫌伺い

・「シタゴコロ」は全くなしに書きましょう

・何も用事がない時に受け取った「ちょっとした心遣い」を感じる手書きのメッセージ、「何のために」と思いつつ「なかなかいい感じ、うれし~」と思っていただけること間違いなし

・ビジネスレターのベストタイミング、それは「季節の変わり目」です

・シタゴコロのなし、純粋な「ご機嫌伺い」がポイントです

自分がもらったらうれしい時、それが「ビジネスレターのベストタイミング」ですね。

あなたも「手書きビジネスレター」に挑戦してみてください。

きっと、あの人の気持ちを掴むことができるでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

是非、いいね・スキ・リツィート・シェアなどしていただけたらうれしいです。

このブログでは「手書きビジネスレター」にかかわる有益な情報を無料で提供していますので、是非ご参考になさってください。

「会員限定 見栄えのいい大人のひらがな講座動画1~10回」をセットでプレゼント

一般的な日本の文書はひらがなが7~8割、「ひらがながきれいに書けると」と友人・知人に「字が上手」と言われますよ!

プレゼントご希望の方はLINE登録ください。(https://lin.ee/1LWVyko)

「会員限定 見栄えのいい大人のひらがな講座動画1~10回」応募はここをクリック

自己紹介

有川翠雲

「書くは楽し」を皆さまにお伝えするためこんなことをしています。

〇ビジネスレターセミナー講師 

・ビジネスパーソン向け「売れる」ビジネスレターセミナーです

・BtoC企業様で100回以上の開催実績があり、参加者からも大好評をいただいています

・「売上アップ」に向け、一筆箋・ハガキ活用術・ノウハウを提供しています

・サイトはこちら⇒https://suiun1.jp/

〇オンライン書道・ペン字教室講師

・ZOOMを使った、オンラインでのプライベートレッスンです

・オンライン環境があれば、世界のどこでもレッスンできます

 (ニューヨーク在住の日本人の方がレッスンを受けていらっしゃいます)

・サイトはこちら⇒https://suiun-net.com/

〇サインデザイナー 

・サイン・花押のデザインをしています

・花押は日本古来の伝統的なサインです

・各時代において偉人たちに使われてきた格式高い「花押」ですが、誰でもが気軽に「輝く個性」を表現できる「手書きサイン」として令和の時代に復活です

・サイトはこちら⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です