お役に立ちます 「手書きビジネスハガキ活用術」

こんにちは。Suiunです。

ひとことで「手書きビジネスレター」と言っても、使う「ツール」はいろいろあります。

便箋、ハガキ、絵ハガキ、一筆箋などなど。

今回は「ハガキ」にフォーカスしてお話ししましょう。

便箋に比べるとハガキは書く面積が少ないですから、「文字数が少なくて手軽」なツールです。しかも低コスト。

受け取る側も、封書にくらべるといい意味で「気軽」な感じですよね。

ビジネスにおいて次の重要な方程式が成り立ちます。(勝手なリクツですみません)

「出す側の手軽さ」×「受け取る側の気軽さ」=「人間関係作りに最適」

そこで、手書きビジネスハガキの3つのメリットをご紹介しましょう。

メリット1 お客様があなたのファンになる

「手書きハガキ」という滅多に受け取ることのないメッセージだからこそ、圧倒的なパワーであなたの気持ちがお客様に伝わります。

<活用のアドバイス>

・「売り込み」厳禁、人間関係作りを最優先

・文面は「日頃のお礼」「ご機嫌うかがい」など特別なことじゃない方がいい

・長い文書は読む人も疲れるから、「短い文書・数行」がいい

メリット2 誰でも取り組める

特別なスキル・経験不要ですから昨日入社したばかり新人さんでも書けます。

<活用のアドバイス>

・手書きビジネスハガキにおいて「美文字・達筆」は不要⇒やっぱり「いい感字(印象のいい字)」で書けると最高

・「ご自愛ください」「ご活躍を祈念いたします」など、お客様のことを思いやる気持ちを伝えると好感度アップ

・季節感を入れるとさらにポイントアップ

・まずは慣れること、「1日1枚出す」からはじめることがオススメ

メリット3 低コスト

慣れてくれば「1枚5分」ほどで書け、送料はわずか63円とコストパフォーマンスがいい感じです。

<活用のアドバイス>

・文書は短くシンプルな方がいい

・「1枚書くのに5分くらい」と短い時間で完結するから空き時間でもOK(時間的コストもgood)

・お客様に会いに行くと、「電車賃いくら?ガソリン代いくら?」、やっぱりハガキは安い

コロナ禍が収まらない中、「お客様から信頼をいただく」「担当者との人間関係維持」にご苦労されている方は、是非一度お試しください。

「急がば回れ」、一番の近道は「手書きビジネスハガキ」かもしれませんよ。

このブログでは「手書きビジネスレター」にかかわる有益な情報を無料で提供していますので、是非ご参考になさってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

是非、いいね・スキ・リツィート・シェアなどしていただけたらうれしいです。

「会員限定 見栄えのいい大人のひらがな講座動画1~10回」をセットでプレゼント

一般的な日本の文書はひらがなが7~8割、「ひらがながきれいに書けると」と友人・知人に「字が上手」と言われますよ!

プレゼントご希望の方はLINE登録ください。(https://lin.ee/1LWVyko)

「会員限定 見栄えのいい大人のひらがな講座動画1~10回」応募はここをクリック

自己紹介

有川翠雲

「書くは楽し」を皆さまにお伝えするためこんなことをしています。

ビジネスレターセミナー講師 

・ビジネスパーソン向け「売れる」ビジネスレターセミナーです

・BtoC企業様で100回以上の開催実績があり、参加者からも大好評をいただいています

・「売上アップ」に向け、一筆箋・ハガキ活用術・ノウハウを提供しています

・サイトはこちら⇒https://suiun1.jp/

〇オンライン書道・ペン字教室講師

・ZOOMを使った、オンラインでのプライベートレッスンです

・オンライン環境があれば、世界のどこでもレッスンできます

 (ニューヨーク在住の日本人の方がレッスンを受けていらっしゃいます)

・サイトはこちら⇒https://suiun-net.com/

〇サインデザイナー 

・サイン・花押のデザインをしています

・花押は日本古来の伝統的なサインです

・各時代において偉人たちに使われてきた格式高い「花押」ですが、誰でもが気軽に「輝く個性」を表現できる「手書きサイン」として令和の時代に復活です

・サイトはこちら⇒