手書きビジネスレター 3つのメリット&3つのデメリット

こんにちは。Suiunです。

今回はビジネスパーソンにとっての、手書きビジネスレターのメリット&デメリットにフォーカスしてみました。

「手書きビジネスレター」いいのはわかるけど、なかなか取り組めずに先送りしているあなたに贈ります。

あなたのビジネスにおいて、「取り入れるだけのメリットがあるか?」、「デメリットの方が大きいか?」の判断材料にしてみてください。

では、初めに「ビジネスレター 3つのメリット」です。

メリット1 お客さまの手元に届く

・ほぼ間違いなくお客さまの手元に届きます

 (あて名に名前が書いてある以上、ご本人の許可なく捨てることはないでしょう)

・ご家族・秘書などご本人以外の方が見ることを前提で文書を書きましょう

・表書き(住所書き)が手書きであれば、沢山の郵便物の中でも「ひときわ目立つ」ことでしょう

・「手書き」は「活字のDM・ポスティングチラシ」に大きな差をつけます

メリット2 読んでもらえる

・お客さまへの配慮・工夫が前提となりますが、「手書きビジネスレター」は開封し読んでいただけます

・もちろんハガキなら必ず目を通していただけるでしょう

・長い文章をかかないこと・シンプルなメッセージにすることがポイントですね

メリット3 ゴミ箱に直行しない

・「〇〇のお役にたつ資料をお送りします」「○○様のお役にたてるよう創意工夫して作成した資料です」などと、「あなたのお役に立ちたい」という手書きのメッセージがついていたら、なかなかゴミ箱に捨てられないですね

・活字だけのメッセージ・チラシ・資料とは違い、手書きビジネスレターは「あなたの魅力」をお客さまに伝えてくれます

・「このセールスなかなかイイね」と思っていただけるチャンスが広がります

次に「ビジネスレター 3つのデメリット」です。

デメリット1 手間がかかる

・これが最大のネックですね

・「メンドクセー」をクリアーするヒントは別のブログで紹介していますから、是非参考にしてください

・やり方を工夫すると「メンドクセー」のレベルも変わってくるのではないでしょうか

・訪問もせず・電話もせず、「空き時間を利用して書くビジネスレター」で、リピーターが増やせたら・新規顧客を開拓できたら「お得」ではないでしょうか

デメリット2 書くのは苦手

・はじめに申し上げます、ビジネスレターに「美文字・達筆」は不要です

・もちろん「読めない字・走り書きのような字」はNGです

・多少個性的な字でも心を込めて書いてあれば、お客さまに「ナニこれ」と思われることはありません(あまりきれいすぎる字より親しみが持てますよね)

・「印象のいい字=いい感字(私の造語です)」はどなたでも書けます

・「いい感字」の書き方をビジネスレターセミナーなどでご紹介しています

デメリット3 コストがかかる

・メール・SNSは無料ですが、ビジネスレターには郵送料がかかります

・ハガキ代・便箋代・封筒代などもかかります

・しかし、セールスパーソンがお客さまを訪問する人件費・交通費に比べるとこのコストは高いものでしょうか

・コロナ禍の営業活動において、「1回の訪問面談」を「ビジネスセミナー+ZOOM面談」とする方が効率的かもしれませんね

最後までお読みいただきありがとうございました。

このブログでは「手書きビジネスレター」にかかわる有益な情報を無料で提供していますので、是非ご参考になさってください。

「いいね・スキ・リツィート・シェア」などしていただけたらうれしいです。

「くせ字大改造 名前のキレイな書き方」小冊子プレゼント

名前だけでもキレイに書きたいという方に「くせ字大改造 名前のキレイな書き方」という小冊子をプレゼントします。

これ1冊をご覧いただき練習いただければ、「なかなかいい字だね」と友人・知人に言われますよ!

プレゼントご希望の方はLINE登録ください。(https://lin.ee/1LWVyko)

「くせ字大改造 名前のキレイな書き方」応募はここをクリック

自己紹介

有川翠雲

「書くは楽し」を皆さまにお伝えするためこんなことをしています。

・ビジネスレターセミナー講師 (一筆箋をメインにしたビジネスレターセミナーです)

・書道・ペン字教室講師 (ZOOMを使ったオンラインレッスンもしています)

・サインデザイナー (サイン・花押のデザインをしています)

「手書きビジネスレターの魅力」ってナニ?

こんにちは。Suiunです。

「手書きビジネスレターの魅力」をご理解いただくために、5つの質問をします。

この質問にお答えいただいた方は「自己体験」として「手書きビジネスレターの魅力」を納得されることでしょう。

あなたが、ビジネスパーソンなら「このコミュニケーションツール」を「使わないと損」、「コロナ禍のビジネスツールはこれだ」と確信されることでしょう。

(下記の質問の回答は私が「セールスパーソン向け ビジネスレターセミナー」で必ずする質問です。このセミナーはこれまでに102回実施していますが、毎回ほぼおなじ回答です。)

Q1.あなたはこれまでに「手書きのメッセージ」を受け取ったことがありますか?

封書・ハガキでなくてもいいです。

どんなにちっちゃい紙でもいいです。

かなり以前のことでもいいです。

どなたからでもいいです。

A1.ほぼ全員が「YES」とお答えになります

あなたも「YES」ですか?

Q2.その時どのように思いまましたか?

A2.「ビジネスレターセミナー」での代表的な回答は

・とてもうれしかった

・丁寧な人だなと思った

・大切にしてくれていると思った

・誠意を感じた

皆さんも同じように思われたのではないでしょうか?

Q3.なぜ、そう思ったのでしょう?

A3.「ビジネスレターセミナー」での代表的な回答は

・私のために書いてくれているなと感じたから

・思ってもいなかったメッセージだったので感動したから

・気持ちが伝わる感じがしたから

・忙しい中、時間を割いてわざわざ書いてくれたから

あなたはどのように思われたでしょうか?

Q4.あなたはその「手書きのメッセージ」をすぐに捨てましたか?

A4.「ビジネスレターセミナー」での代表的な回答は

・捨ててない、まだ持っている

・しばらく持っていた

このようにお答えになる方が80%以上です。

あなたはどうされましたか?

Q5.あなは「ここ1カ月」で「手書きのメッセージ」を受け取ったことがありますか?

A1.「YES」とお答えなる方は10~20%です

セールスパーソンのような「情報発信・受信量」が多い方でも、「手書きメッセージ」は滅多に受け取らない「レア メッセージ」のようです。

あなたはどうですか?

この5つ「Q&A」を読んで、あなたがビジネスパーソンなら「手書きメッセージはビジネスに使える」と思われたのではないでしょうか。

特にコロナ禍の収束が見えない現状において「お客さま・クライアントとの対面コミュニケーション不足」を補う「ツール」として使えると感じられたのではないでしょうか?

でも、すぐに「いいのはわかるけど、めんどくせー」とも思われたでしょう。

ごもっともなことです。

この「めんどくせー」を「選ばれるビジネスパーソンになるために実践してみよう」に変えていく方法を次回以降お伝えしていきますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「くせ字大改造 名前のキレイな書き方」小冊子プレゼント

名前だけでもキレイに書きたいという方に「くせ字大改造 名前のキレイな書き方」という小冊子をプレゼントします。

これ1冊をご覧いただき練習いただければ、「なかなかいい字だね」と友人・知人に言われますよ!

プレゼントご希望の方はLINE登録ください。(https://lin.ee/1LWVyko)

「くせ字大改造 名前のキレイな書き方」応募はここをクリック

自己紹介

有川翠雲

「書くは楽し」を皆さまにお伝えするためこんなことをしています。

・ビジネスレターセミナー講師 (一筆箋をメインにしたビジネスレターセミナーです)

・書道・ペン字教室講師 (ZOOMを使ったオンラインレッスンもしています)

・サインデザイナー (サイン・花押のデザインをしています)